おすすめ!Slack botツール5選まとめ①【業務効率化】

Pocket

主にベンチャー企業などの社内連絡ツールとして使われているSlack。様々なbot(アプリ)があるのがSlackの特徴の一つですが、今回は業務効率化に役立つおすすめbotを皆さんにご紹介しようと思います。

コミュニケーション編はこちら↓
おすすめ!Slack botツール5選まとめ②【社内コミュニケーション】

業務効率化に役立つおすすめbot5選

社内の情報がSlack上で引き出せるObie.AI

サイトから引用

http://obie.ai/

社内の情報やファイルをObieというバーチャルアシスタント(AI)を使って簡単に検索できるサービスです。社内ファイルだけでなく、Google Drive、Dropbox、Evernoteなどとも連携ができ、それらの中からも情報を検索できます。

サイトから引用

検索の方法もシンプルで、Slack上にいる@obieにチャットでファイルの名前や業務の方法を聞くだけです。膨大な社内情報の中から素早く探しているファイルを見つけることができます。

また、質問に対してobieが出した回答にYesかNoでフィードバックすることで、Obieは機械学習をしながら成長していき、より適切な回答を出してくれるようになります。

DisneytinderNASAなどもこのObieを導入しているようです。

 

 

チーム全員でタスク管理 Trello

サイトから引用

https://trello.com/

Trelloは、タスクを「付箋」のように貼り、視覚化して分かりやすくまとめることができるタスク管理に便利なツールです。個人のタスクだけでなく、チームでタスクを管理・共有できるのでチームの進行状況を常に把握することができます。

「ボード」と呼ばれる場所に付箋のようにタスクを貼っていき、タスクを未着手・着手中・終了と三段階に設定することで、一目でタスクの進捗が分かるような仕組みになっています。

コメントを追加することもできるので、チーム内の意見も共有できます。

ボードの例

そんなTrelloのSlackbotは、Slackでタスクを管理するのに非常に便利です。

まず、@Trelloを登録したいチャネルに招待し、決められたコマンドを入力します。
すると、今までTrelloのダッシュボードで行っていたタスクの登録や、進行状況の段階などの設定がSlack上でできるようになります。

タスクの通知もSlackに届くので、いちいちTrelloのダッシュボードを見にいく手間も省けます。

Trelloで行ったメンバー間のやりとりは、Slackのチャット上でも反映されます。
つまり普段はSlackで会話をしながら、タスクはTrelloでしっかり管理できるということです。

 

 

URLを一括管理できるPaperbot

サイトから引用

http://paperbot.ai/

同僚がシェアした記事をあとで読みたいなぁと思うことはありませんか?そんなときに役立つのがPaperbotです。Paperbotは社内全体で使うブックマークのようなもので、Slack上にある膨大な量のURLを一括管理できます。

使い方は簡単で、チャネルに@paperbotを招待するだけです。すると、URLを投稿するたびに反応し、「read later」というボタンが出てきます。「read later」を押すだけでその記事を「あとで読む」に追加することができます。追加した記事は、PaperbotのHPからいつでも見ることができます。

 

また、タグをつけて管理することができるのがPaperbotの特徴です。例えば、ランチについての記事なら
#lunch、教育なら#education などPaperbotが勝手に振り分けてくれます。もちろん自分でタグ付けすることもできます。

検索機能も充実していて、タグだけでなく日付やキーワード、URLをシェアした人の名前でも検索できます。

 

 

Slackを離れずメールの送受信ができるAstrobot

サイトから引用

https://www.helloastro.com/slack/

社内の連絡はSlackだけど、社外の連絡はメールという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのがこのAstrobotです。これは、メールを同期してSlack上でメールの送受信ができるというサービスです。

メールはGmailとoffice365の2種類が使え、メールの振り分けもできるので、重要なメールだけをSlackに転送することもできます。

自分のメールアドレスと連携するとこのような画面になります。

サイトから引用

メールのやりとりがチャットの状態で表示され、いちいちメールツールを開かなくてもSlack上でメールの送受信ができます。

 

 

社内会議を効率化するGeekbot

サイトから引用

https://geekbot.io/

仕事をする上でどうしても会議やミーティングは必要ですよね。しかし、ミーティングばかりに時間を割かれるとなかなか作業効率が上がりません。
そんなときに便利なのがこのGeekbotです。

これは、ミーティングがSlack上でできてしまうツールです。
参加者に作成者が決めた質問に答えてもらう仕組みなので、定例的なミーティングに向いています。

例えば、週次報告のような定例で開催され内容が決まっているようなミーティングにわざわざ集まって時間をとるのがもったいないと感じた場合、Geekbotを使ったミーティングにすることで効率化することができます。

サイトから引用

まず、このように質問や日時、時間を設定します。

すると、設定した日時にGeekbotからチャットで作成した質問が届きます。
それに回答するだけで、毎週集まって報告会をすることなく、リモートでミーティングをすることができるようになります。

最近リモートワークを取り入れている会社も多いですよね。
しかし、Geekbotを使えば、オフィスにいなくても指定した時間にミーティングに参加できます。

まとめ

いかかでしたか。これらのbotを使いこなすことができれば業務効率化につながり、生産性を上げることができるでしょう。
ぜひ参考にしてみてください。

Slackbot コミュニケーション編はこちら↓
おすすめ!Slack botツール5選まとめ②【社内コミュニケーション】

※引用している画像につきまして使用上問題のある場合はご連絡いただければ削除など対応いたします。

Pocket

この記事を書いた人:

矢ヶ部優兵

新しいテクノロジーに興味があります。70、80年代のハードロックが大好物です。

新着記事