生産性アップのヒントが見つかるメディアVacks(バックス)

子供も大人も!プログラミングが必要な時代?そもそも、なぜ?

B!はてブ

これまでEdTechについて記事を書いてきました。

★最新EdTechサービスの3つの特徴から見る若い世代の社会背景とは?
【幼児~中高生編】【大学生・社会人編】はこちら

EdTechサービスを調べている中で、大人向けでも子供向けでもプログラミングを学ぶためのサービスがとても多いことに気が付きました。どうしてこんなに多いのだろうと疑問を感じたことがこの記事を書くきっかけです。プログラミングを学ぶとはどのようなことかという基礎から、大人と子供がそれぞれプログラミングを学ぶ理由とは何かという発展までをまとめました。

プログラミングを学ぶとはどのようなことか

プログラミングとは

そもそも「プログラミング」とは、大まかに言えば人間が意図した通りに動かすためにコンピュータに指示をすることです。人間相手であれば言葉で通じますが、コンピュータ相手では言葉では通じません。そこで使われるのが、コンピュータ用の言葉であるプログラミング言語です。元々あったプログラミング言語から派生し、言語の数は年を追うごとに増えていると言われます。本当に人間の言語のようですね。

プログラミングを学ぶとは

つまり「プログラミングを学ぶ」とは、コンピュータを動かすためにこのプログラミング言語を取得し、使いこなせるようになるということです。海外の人々に自分の意見を伝えるために英語を学びたい!と願うように、ITが台頭していく現代社会においてはコンピュータを自在に扱えるようになるためにプログラミングを学びたい!という願いが多く生まれていることから、プログラミングに特化した多くのEdtechサービスが生まれているのでしょう。

なぜ今あらゆる世代でプログラミングが注目されているのか

大人がプログラミングを学ぶ理由


大人がプログラミングを学びたいと考える理由は大きく2つあると考えます。

1つ目は、IT関係の仕事に携わるためです。プログラムを組み立てることのできるプログラミングスキルを身につけているということはコンピュータを動かすことができる、つまりWebサイトの作成やアプリケーションの作成、さらには人工知能の開発といったようにコンピュータ上でしかできないシステムの構築ができるということです。多くの企業が自社サイトやサービスとしてアプリケーションなどの媒体を使っているという現状の中で、これらのシステムを扱える人材をどの企業も大いに求めています。プロレベルのプログラミングスキルを身につけることは、専門性もあるため就職の幅をかなり広げられるでしょう。

2つ目は、自分の専門分野で成功する可能性を広げていくためです。EdTechやAgriTechに見られるように、現在、既存の分野とITを掛け合わせることで新たなビジネスが生まれています。異業種の掛け合わせで成功した事例が多くあるように、掛け算は成功の元です。
プログラミングスキルがあることで、ITを活用した新しいサービス価値を提供できたり、今あるサービスの利便性をより高める方法を考え出すことが可能になります。
プログラミングスキルを極めるだけでなく、常に多角的な視点を持っていたいものです。

子供がプログラミングを学ぶ理由


子供がプログラミングを学習する際には子供自身の希望ももちろんあると思いますが、多くの場合親が子供に能力を身につけさせたいから習わせる、という背景があると思います。
その場合も理由は大きく2つあるのではないかと考えます。

1つ目は、論理的思考力を身につけさせるためです。かの有名なスティーブ・ジョブズがこの効果について言及しています。プログラミング言語を学び、プログラムを組み立てるという行為は、ある一つの行動についてそれまでのプロセスを考えるという逆算的な思考を必要とします。この逆算的な思考をするという経験は日常生活ではなかなか行わないものの物事に対する論理的な考え方を身につけることのできる行為であるため、プログラミングを学ぶ中で幼いときから繰り返しこの訓練をするということは子供にとって非常にプラスになるでしょう。

2つ目は、コンピュータやデジタル機器に幼いうちから慣れさせるためです。プログラミングを学ぶ過程では必然的にコンピュータに触れることになります。この先、今よりももっとコンピュータを扱わなければならない場面が出てきたときに、子供たちが興味を持ってコンピュータに向き合うことができるかどうかは幼いうちにどのような関わり方をしてきたかも影響します。嫌いになってしまうと逆効果なので気をつけなければなりませんが、同時にネットリテラシーやITリテラシーといったコンピュータやWebを使う際のリスクを防ぐ方法も身につけることができたら情報化社会に上手に対応できる子供に育つでしょう。

プログラミングを学ぶことの可能性

大人も子供もプログラミングを学ぶことによって、自分の能力を広げることのできる可能性が高くなるということが分かりました。またプログラミングを学ぶ、といったときに大人が実用的なプログラミングスキルを身につける傾向にある一方で、子供はプログラミングの習得に付随する効果も同時に大事になっているのではないかと考えられます。ぜひ、最新EdTechサービスを使ってプログラミングスキルを学んでみてはいかがでしょうか。

B!はてブ

この記事を書いた人:

石村夏奈子

石村夏奈子

paid学生インターン。写真を撮ること、音楽を演奏することが趣味。教育分野について興味があります。

新着記事