ベンチャー企業向け情報サイトVacks(バックス)

起業するならこれ!固定電話の代わりになる企業向けアプリ「ShaMo!」

B!はてブ

近年、契約手続きの煩雑さやコストの負担がネックになり、固定電話を持たない人が増えています。しかし、会社として業務をする上では、まだまだ固定電話が必要になる場面が散見されます。

そのような中で、スマートフォンが固定電話の代わりとなるアプリが注目されています。
特にスタートアップや設立間もないベンチャーでは、コワーキングスペースを活用するなど、特定のオフィスを持たないケースも増えており、ニーズが高いことが考えられます。

そこで今回は、固定電話の代替アプリの1つ『ShaMo!』のメリットや使い方などをご紹介します。

スマホだけで市外局番を使える 電話アプリサービス『ShaMo!』とは

ShaMo!の概要

サイトより引用

https://shamo.nifcloud.com/

固定電話と携帯電話との大きな違いは、市外局番があるかないかです。通常、市外局番のある番号を取得するには、業者と契約をしたり固定回線を引く工事をしたりとさまざまな手続きが必要になります。

それに対し、ShaMo!は固定回線いらずで、03や06といった全国12都道府県の市外局番から始まる番号で発着信可能なアプリです。わざわざ固定電話を設置することなく、アプリを登録するだけでスマートフォンをその代わりとして用いることができます。

なぜShaMo!が注目されているのか

近年、スマートフォンの大々的な普及により、固定電話の需要が大幅に減少し、国際電気通信連合のデータによると、個人単位では約半数の人が固定電話を持っていません。

(引用元: http://www.garbagenews.net/archives/1959981.html

それでも企業単位で考えると、信頼や体裁的な面で、まだまだ『固定電話を必要とする概念』が残っており、約85%の会社が必要であると答えているデータもあります。
(引用元: https://www.biziphone.com/research/research01.html)その主な理由としては、やはり「信頼できる」であったり、「FAXや転送等の機能が便利」であったりが挙げられています。

つまり、企業にとって固定電話は「面倒だけれど、必要不可欠なツール」としてまだ根強く残っています。そのような中で、スマートフォンひとつで固定電話の代わりとなるアプリとして、いま話題を集めているのがこの『ShaMo!』なのです。

ShaMo!の便利な機能

ShaMo!には、固定電話としての機能はもちろん、それ以外の便利な機能も多くあるので紹介していきます。

まず、1つの代表者番号にかかってきた電話は、ShaMo!に登録している全ユーザーが同時に着信する仕組みになっています。なので、誰でも代表電話に応答することができます。

サイトより引用

また、各ユーザーには個別の直通番号を登録することができるので、通話中の転送も可能になります(代表者番号は着信のみ)。

サイトより引用

さらに、内線通話が無料であったり、チャット機能が使えたりするのも他の代替アプリにはないShaMo!特有の機能です。社員同士で簡単に連絡を取りたいけど、公私混合はしたくないという時におすすめの機能です。

ShaMo!のメリット

料金が安い

やはり一番のメリットは料金が安いことです。下記に、固定電話と比較してみました。

・ShaMo!の料金

※ユーザーが10人以下であれば、基本料金が永年無料となります。

・固定電話の一般的な料金(NTT東日本参照)

〈引用元:https://web116.jp/phone/fare/kanyu.html

主要都市(東京や横浜など)で使用する場合、基本料金が比較的高くなる設定となっており、他の地域と比べて1000円近くの差があるところもあります。

上記の2つの表から考えると、10人以下の小規模企業や、起業したばかりのスタートアップの会社であれば、Shamo!を利用する方が確実に料金を抑えることができます。しかし、既に固定電話を持っている会社であれば、料金面のみで考えた場合、わざわざShamo!に変える必要はなさそうです。

手続きが簡単

固定電話を設置するより圧倒的に手続きが簡単なことも大きなメリットの1つです。ただ、アプリといっても会社単位で使用するため、アプリをダウンロードするだけでは使用できません。まず、登録までの流れを説明します。

サイトより引用

面倒な審査などは一切なく、Web上のフォームから申込みをし、必要な書類を提出すれば最短10日前後で利用を開始することができます。
※フォームを申込みする前にShaMo!のアプリ運営会社であるNifty法人のID取得(無料)が必要です。

固定電話の場合は回線を引くための工事(30~60分)があるため、工事会社と日程を調整する必要があります。また、工事をすることによる物理的な煩雑さも予想されます。この点でも、工事の必要がなく1~2週間程度で手続きが完了するShaMo!は、非常に便利だと言えます。

これからの企業とShaMo!

以上のように、ShaMo!は固定電話とほとんど変わらないサービスを提供できるアプリですが、FAX等の機能面を考慮すると、まだまだ発展途上のサービスであると思います。今後、さらなる品質の向上や、起業家に対する知名度の向上などが進めば、会社でShaMo!を使うのが当たり前になる日も近いのではないでしょうか。

※引用している画像につきまして使用上問題のある場合はご連絡いただければ削除など対応いたします。

B!はてブ

この記事を書いた人:

芳山大雅

芳山大雅

Paid学生インターンです。海外旅行が好きです。それぞれの国の文化に興味があります。

新着記事