生産性アップのヒントが見つかるメディアVacks(バックス)

外国人労働者雇用のメリット・デメリット|人手不足対策・創造性向上などメリット多数

B!はてブ

日本の少子高齢化には歯止めがかからず、国内の労働力は減少の一途を辿っています。
そうした人材不足やグローバル化の影響を受けて、近年は外国人労働者の数が増加しています。
外国人を採用することには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

外国人採用のメリット

外国人を雇用することには多くのメリットがあります。以下、その具体例を挙げてみました。

グローバル化への対応

海外進出を視野に入れている企業であれば、進出予定地域出身の人材を採用すれば、市場調査や現地の商習慣・文化的風習のレクチャーなど、多くの役割を担ってもらうことができます。
実際に進出した後も、現地での接客など多くの場面で活躍が見込めます。

職場環境の改善

日本で職を探す外国人は、勤労意欲がとても高い傾向にあります。技術の取得や、家族を養うための収入の確保など、目的は多岐に渡りますが、自国を離れてわざわざ日本に来る人材は総じて勤労意欲が高いということは想像に易いです。
このような人材を採用することで、職場全体のモチベーションアップにも繋がります。

また、異なる文化や視点を持った人材が加わることで、新たなアプローチでの議論を進めることができるかもしれません。これまで見えていなかった問題点が顕在化されるなど、職場を活性化する足がかりにもなり得ます。

労働力確保

日本では近年、人材採用に苦戦する企業が増えています。外国人を採用対象とすれば、今までよりも容易に人材を確保することができるようになります。
少子化によって国内の若手は不足していますが、外国人を採用対象とすれば若手人材を確保することができます。特に、エンジニアなどの技術職に関しては、新卒でも海外から採用している企業が増えています。
また、中途採用に関しても、日本では獲得しづらい優秀な人材が獲得できるようになるかもしれません。
外国人採用は、日本の労働力不足を解決する糸口となるかもしれませんね。

■人手不足を解消するには
昨今、人手不足問題が深刻化しているのは周知の事実ですが、解決策は「外国人の雇用」だけではありません。例えば業務の一部をアウトソースすれば業務量が減るため、その分の人手を他の業務に回すことができます。
そこでおすすめなのがBtoB決済代行サービス「Paid(ペイド)」です。
未回収リスクを恐れなくてよくなるうえ、決済業務をほぼ全てアウトソースできるので、営業や他の業務に注力できるようになります。

外国人採用のデメリット

外国人雇用には、もちろんデメリットもあります。メリットと併せて把握しておくと良いでしょう。

コミュニケーションが取りづらい

言語の違いにより、コミュニケーションがスムーズに進めづらくなる場合もあります。
日本企業で外国人を採用する場合、元から勤務していた従業員か、新たに採用された外国人のうちどちらかが、母国語でない言語を使ってコミュニケーションを取り合うケースが多いです。

思うようにコミュニケーションが取れず、人間関係が形成できないことも問題ですが、意思疎通が図れないと業務上のトラブルも起こりやすくなります。
分かりやすい言葉で完結に説明することや、結論から話すように心がけるなどの配慮が必要です。また、相手の言葉を誤解なく理解できているか、確認を怠らないようにしましょう。

文化や風習の違い

言語だけでなく、持っている文化や風習の違いから、他の従業員との衝突が起こりやすくなる場合もあります。
先述の通り、異なる文化や風習を持つ外国人労働者を採用することは社内環境活性化のきっかけとなり得ます。しかし、日本では常識とされていることが外国人には通じない場合 も多いので、衝突やすれ違いには注意しなければなりません。
例えば、組織の意思決定がトップダウン式・ボトムアップ式のどちらで行われるのか、などの組織構造は国によって異なる場合が多いです。また、名刺交換など、日本のビジネスマナーに関する知識が乏しい外国人も多いです。そのため、それをフォローする体制づくりが不可欠です。

また、宗教関連の風習に配慮が必要な場合もあります。日本ではあまり馴染みのない「宗教」ですが、諸外国では生活と密に関わっている場合もあるからです。
グローバル採用で有名なメルカリも、「“クリスマスパーティー”という呼称を使わない」「お祈り部屋の設置」など、様々な宗教に配慮した制度作りを進めているようです。

事前に、相手の育った環境やその国・地域の文化、風習をよく調べ、理解しておく必要があります。

参考になる記事:
外国人労働者を雇用するには?注意点、必要な書類や準備を解説!
【外国人採用】優秀なアジア人労働者を採用しよう!アジア出身人材を逃さないためには?

まとめ

国内の労働力不足や、ビジネスのグローバル化に伴って、外国人採用に力を入れる企業は増えています。しかし、言語や文化の壁を懸念して、積極的に外国人を採用できない企業も多いのではないでしょうか。

確かに、外国人採用にはデメリットとなりうる要素もあります。それに対しては専門家などの意見を仰ぎつつ、適切に対処していくことが必要です。
一方で、外国人労働者の採用は会社にとって非常に有益であるケースも多いです。
この記事が、外国人採用のメリットとデメリットを理解する手助けになることを祈っています。

人材確保・生産性UPを支援するBtoB決済

Paidで面倒な決済業務をすべて自動化。貴重な人材を有効活用できるので、生産性向上につながります。

詳しく見る
B!はてブ

この記事を書いた人:

鈴木まい

鈴木まい

Paid学生インターン。趣味はミュージカル鑑賞です。家にスマートスピーカーを置くのが密かな夢です。

新着記事