生産性アップのヒントが見つかるメディアVacks(バックス)

FinTechだけじゃない!○○×Tech(テック)注目領域9選【後編】

B!はてブ

今回は、FinTechだけじゃない!○○×Tech(テック)注目領域9選、最終回をお届けします。
前編、中編と同様に、それぞれの特徴とその領域で注目されているベンチャー企業と共にまとめました。

★前編はこちら
★中編はこちら

○○×Tech 注目9選

InsTech(インステック):Insurance(保険)× Technology(技術)


日本で最初にInsTechを唱えたのが第一生命だとご存知でしょうか?
ビッグデータやAIなど最新のテクノロジーを活用して生命保険事業独自のイノベーションを創出する取り組みを「InsTech」と銘打ち、最優先の戦略課題としてグループ全体で推進していく、と2015年12月に「InsTechイノベーションチーム」を立ち上げました。

現在、単体でInsTechベンチャーの代表格となる企業やサービスは見受けられません。

しかし、保険会社のSBI生命が昨年、HealthTechベンチャーのFincとAIを活用した保険加入者専用「FiNCアプリ」の提供で業務提携したり、損害保険会社のアクサダイレクトがスマートドライブとテレマティクス保険を開発したりしています。大手企業がベンチャー企業と連携をする動きは、今後も広がりを見せるのではないでしょうか。

HealthTech(ヘルステック):Health(健康)× Technology(技術)


昨今、スマートフォンやウェアラブルデバイスの普及により、歩数や移動距離や睡眠状態など個人の生活や健康に関するデータの計測ができるようになりました。
これによって健康管理・健康改善を促すサービスの実現が可能となり、こういった動きや取り組み、サービスなどがHealthTechです。

前述したFincはHealthTech領域で注目を集めていて、個人向けの健康管理サービスだけでなく、企業のウェルネス経営の取り組みを支援するサービスを提供しています。
2015年から職場でのストレスチェックの義務化がされたり、現在では働き方改革が進められたりといったことが背景にあり、身体だけでなく心の健康管理にも目を向けることで、関心度が高くなっていると言えます。

MarTech(マーテク):Marketing(マーケティング)× Technology(技術)


MarTechよりも、造語にしないマーケティングテクノロジーやデジタルマーケティング、マーケティングオートメーション(MAツール)といったワードの方が耳にしたことがあるかもしれません。
動きが激しく、さまざまなワードが飛び交うマーケティング業界ですが、その様子をまとめたものとして、2017年5月にサンフランシスコで開催されたマーケティングテクノロジーに特化したイベント、MarTech conferenceで2017年度版のMarketing Technology Landscapeが発表されました。

引用元:http://chiefmartec.com/2017/05/marketing-techniology-landscape-supergraphic-2017/


2011年に世界で150ほどだった企業数が、2017年の最新版では5,000を超えており、急拡大していることがわかります。米国企業が中心ではありますが、アジア・ヨーロッパ・オーストラリア・アフリカからもまとめられているようです。
企業は顧客に合わせたマーケティングが必要となるので、その数が増えていることも頷けます。

国内では、SATORI株式会社の集客に強いマーケティングオートメーションツール「SATORI」や、株式会社フロムスクラッチのマーケティングに必要なデータの取得・統合・活用を実現するプラットフォーム「b→dash」などが知られています。

さいごに

FinTechだけじゃない!○○×Tech(テック)注目領域9選はいかがでしたか?
なかにはまだ普及していないTechもあったかと思いますが、今後のテクノロジーの発展や周辺環境整備によって各領域の事業・サービスはますます増えてくることでしょう。今後のそれぞれの動向に目が離せませんね!

B!はてブ

この記事を書いた人:

川村亜衣

川村亜衣

2018年にラクーン入社予定。食べることが大好き。これまで感覚で物事を捉えがちでしたが、メディア運営を通して読者のみなさまにわかりやすい文章をお届けしていきます。

新着記事